スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<臼作り>今がピーク 長野・安曇野(毎日新聞)

 長野県安曇野市にある小林木工所で、正月などに使う餅つき用の臼作りが最盛期を迎えている。臼を作る職人は少なくなり、全国から注文を受けた3人が作業に没頭している。

 主に作られるのは高さ50センチ、直径55センチ前後の臼。材料は県内産の樹齢100~150年のケヤキで、同木工所を経営する小林健男さん(61)が毎年3カ月かけて探す。1年以上保管・乾燥させてから根元の方だけを使い、1年で100~120基しか作れない。

 小林さんは「笑ったように見えるのが良い臼。30年かけてやっとできるようになった」と話す。1基15万円程度。問い合わせは電話0263・72・2944。【梅村直承】

金もちとうさん
My First JUGEM!
競馬情報
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。